懐かしい昭和へのノスタルジー

日光を舞台にした人情物語

title.png
credit-main.png
 

​映画「日光物語」は、日光二社一寺への参道入口にある人気カフェを舞台に、カフェを経営する大場嘉門(スネオヘアー)とその家族を中心に、町の人々や日光を訪れる人々など、人と人が織りなすヒューマンコメディ。

嘉門の名前は、父の大場馨が「大バカがおる」と若い頃にからかわれたのだが町を変えるのは「大馬鹿もんだ」という深い意味に感動して息子に嘉門と名付けたのだった。

そこへ現れる謎の女性(武藤十夢)−−

「日の光る処の輪の中にそれはある」

嘉門はその女性が残した謎の言葉の意味を探して回る。

​輪王寺門跡(宝田 明)はそれを見守る。

INTRODUCTION

 
images_resize.jpg

CAST

大滝優子 by 武藤十夢(AKB48)

大場嘉門 by スネオヘアー

​おおば かもん

大場すみれ by 吉永アユリ

中川 武 by 鎌田規昭

大場らん by 和泉 詩

君島公哉 by 九十九一

大場尚美 by 三坂知絵子

池田 圭 by 伊藤克信

大場 馨 by 内藤忠司

​おおば かおる

米山よね子 by 大桃美代子

増田益男 by ベアーズ島田キャンプ

遠藤奈々 by 万登香

市川真喜子 by 大高洋子

​鈴木亮介

​伊原実穂

小栗浩輔 by 和宥

テキ屋の寅 by 栩野幸知

大谷 徹 by 城之内正明

​岩崎浩明

​山本愛香

​高村康一郎

​樗木愛実

​波多 俊

​作新学院演劇部の皆さん

星野香澄 by 岩瀬顕子

輪王寺門跡 by 宝田 明

 

STAFF

五藤利弘

​©︎中澤賢治

​監督・脚本

​五藤利弘

1968年、新潟県生まれ。日本テレビ「news every.」「きょうの出来事」「NNNドキュメント」、フジテレビ「NONFIX」「ザ・ノンフィクション」などテレビ番組の企画・構成・演出・プロデュースや劇場用映画の脚本・演出を担当。劇場用長篇映画や短篇映画などを多数手掛ける。2017年、脚本・監督作『レミングスの夏』では、広島国際映画祭など各地映画祭に招待され、函館港イルミナシオン映画祭にて観客賞グランプリを受賞する。2020年夏、監督・脚本作『おかあさんの被爆ピアノ』を公開、2021年現在も各地で上映が続く。2020年度「日本映画復興奨励賞」を受賞。

​主題歌

​スネオヘアー「blue」
作詞 / 作曲:渡辺健二

​挿入歌

​万登香「夜風」「哀してる」
作詞 / 作曲:万登香

​音楽

​パウロ鈴木。​

 
monzeki_resize.jpg